RSS2.0
04/11 6:31
4月8日(月)午後2時~学校周辺でも日食(80%欠け)が観測されました。 日食シカゴ.jpg
今年も、2セットのひな人形を飾り付けていただきました。 ひな人形によせる思い、日本文化の素晴らしさを感じて欲しいです。 ボランティアの皆様には大変お世話になりました。
  We're happy to share that our Sumire friends are now regular visitors to our English library! It's great to see more people enjoying English books together. Some read with friends before class, others borrow books they like.   We recently had fun with the Hiyoko class, solving puzzles and reading picture books. It's not just about reading - it's about having fun together!   Our library isn't just for books; it's a place to relax, meet others, and learn. We hope everyone keeps enjoying it!"
 2月1日(木)~2日(金)  1泊2日で小学部5・6年生がスキー教室へ行ってきました。  人生で初めてスキーをするという児童もいましたが、みるみる上達していく子供たち。驚きの連続でした。  上達したのはスキーの技能だけではなく、インストラクターの方に教えていただいたり、売店で昼食を頼んだりする中で、生きた英語を使い、コミュニケーションを積極的にとることもできました。 夜はレクリエーションを通して友達との仲をより一層深めることもできました。 学校では学ぶことができない大切なことを、この2日間で学び、さらに大きく成長することができました。 様々な場面でご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
 アメリカで日本語を学ぶ学校CWLA(Chicago World Language Academy)の4年生と2回目の交流学習を行いました。ここでは、英語、日本語、スペイン語、フランス語、中国語を学んでいます。玄関を入るとすぐに地球をモチーフにしたアート作品が展示されていました。様々な文化が混ざり合うアメリカをイメージする作品でした。子どもたちはすぐに日本を見つけていました。  最初に目隠しをした子に、英語と日本語をまぜ指示を出し、前後左右に移動してゴールにたどりつくゲームを行いました。回数を重ねるごとに高いポイントをとれるように工夫していました。    次に、大縄を行いました。「ハイ!」のタイミングでみんな上手に入っていました。八の字とびも楽しそうに挑戦していました。「Cool!!!」と言いながら、日本の子どもたちの八の字とびをほめていました。  一緒にランチを食べたり、日本語の授業で練習した歌を歌ったり、ダンスを一緒におどったりしました。  伝える努力と伝わったうれしさを学んだ時間でした。  
  Last week, we received book donations from St. Edna's Church, located just across the street from school. They have always been great neighbors, supporting our annual evacuation drills and providing opportunities for community concerts. Thanks to the local residents, our collection of books is gradually growing. We are truly grateful for the ongoing generosity and collaboration from our community!                                       ↑ Reading opens a new world.                                       These bookstands were donated by The Arlington Heights Memorial Library!
  3・4年生は、思春期の体と心の成長、命の誕生について学びました。日本で助産師さんをしていらっしゃる淺野さんの話の中で、「生まれてきてくれてありがとう。みんなもお家の方へメッセージを伝えね。」という言葉が、子どもたちの心の奥深くに届いたようでした。  
 小学部1・2年生は「ことわざカルタ」、小学部3〜6年生は百人一首を行いました。ふだをとる時の真剣な表情、手や体を思いきりのばす姿、「はい」という大きな声など緊張感があふれていました。昔は子どもたちが楽しみにしていたお正月の「遊び文化」が、デジタル技術の進化や習い事などの忙しさ、価値観の変化などで、行われなくなっていますが、全校で楽しむことができました。