RSS2.0
04/11 6:31
4月8日(月)午後2時~学校周辺でも日食(80%欠け)が観測されました。 日食シカゴ.jpg
今年も、2セットのひな人形を飾り付けていただきました。 ひな人形によせる思い、日本文化の素晴らしさを感じて欲しいです。 ボランティアの皆様には大変お世話になりました。
  We're happy to share that our Sumire friends are now regular visitors to our English library! It's great to see more people enjoying English books together. Some read with friends before class, others borrow books they like.   We recently had fun with the Hiyoko class, solving puzzles and reading picture books. It's not just about reading - it's about having fun together!   Our library isn't just for books; it's a place to relax, meet others, and learn. We hope everyone keeps enjoying it!"
 2月1日(木)~2日(金)  1泊2日で小学部5・6年生がスキー教室へ行ってきました。  人生で初めてスキーをするという児童もいましたが、みるみる上達していく子供たち。驚きの連続でした。  上達したのはスキーの技能だけではなく、インストラクターの方に教えていただいたり、売店で昼食を頼んだりする中で、生きた英語を使い、コミュニケーションを積極的にとることもできました。 夜はレクリエーションを通して友達との仲をより一層深めることもできました。 学校では学ぶことができない大切なことを、この2日間で学び、さらに大きく成長することができました。 様々な場面でご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
 アメリカで日本語を学ぶ学校CWLA(Chicago World Language Academy)の4年生と2回目の交流学習を行いました。ここでは、英語、日本語、スペイン語、フランス語、中国語を学んでいます。玄関を入るとすぐに地球をモチーフにしたアート作品が展示されていました。様々な文化が混ざり合うアメリカをイメージする作品でした。子どもたちはすぐに日本を見つけていました。  最初に目隠しをした子に、英語と日本語をまぜ指示を出し、前後左右に移動してゴールにたどりつくゲームを行いました。回数を重ねるごとに高いポイントをとれるように工夫していました。    次に、大縄を行いました。「ハイ!」のタイミングでみんな上手に入っていました。八の字とびも楽しそうに挑戦していました。「Cool!!!」と言いながら、日本の子どもたちの八の字とびをほめていました。  一緒にランチを食べたり、日本語の授業で練習した歌を歌ったり、ダンスを一緒におどったりしました。  伝える努力と伝わったうれしさを学んだ時間でした。  
  Last week, we received book donations from St. Edna's Church, located just across the street from school. They have always been great neighbors, supporting our annual evacuation drills and providing opportunities for community concerts. Thanks to the local residents, our collection of books is gradually growing. We are truly grateful for the ongoing generosity and collaboration from our community!                                       ↑ Reading opens a new world.                                       These bookstands were donated by The Arlington Heights Memorial Library!
  3・4年生は、思春期の体と心の成長、命の誕生について学びました。日本で助産師さんをしていらっしゃる淺野さんの話の中で、「生まれてきてくれてありがとう。みんなもお家の方へメッセージを伝えね。」という言葉が、子どもたちの心の奥深くに届いたようでした。  
 小学部1・2年生は「ことわざカルタ」、小学部3〜6年生は百人一首を行いました。ふだをとる時の真剣な表情、手や体を思いきりのばす姿、「はい」という大きな声など緊張感があふれていました。昔は子どもたちが楽しみにしていたお正月の「遊び文化」が、デジタル技術の進化や習い事などの忙しさ、価値観の変化などで、行われなくなっていますが、全校で楽しむことができました。        
1月11日(木)~12日(金)、1泊2日で中学部は「スキー教室」に行ってきました。 2日間、3時間ずつのスキー実習。 4チームに分かれ、各チームのインストラクターさんが丁寧に教えてくださいました。 子供達は、みるみるうちに上達していきます。 夕食後には夜レクも楽しみました。 2日目は、雪の中でのスキーとなりましたが、これも貴重な体験です。 1日目との雪の感触の違いを感じながら、コツを掴んでいました。 スキー実習の取り組み、そして仲間との関わりの中で多くのことを学ぶことができた2日間でした。 今回学んだことは、今後の生活の中で大きな糧となることと思います。 様々な場面でご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。   
中学部のスキー教室は、全員無事に予定通りに行っています。 ゲレンデの気象状況も良好で、今、最後の午後の講習中です。 帰校は、予定通り16:30です。 よろしくお願いいたします。
冬嵐警報、強風警報の気象アラートが発令されました。 本日、Districtからの通達により、明日、学校は休校になります。 外出を控えてください。 本日出発した中学部スキー教室については、明日、連絡させていただきます。 よろしくお願いします。
新年あけましておめでとうございます。 9日に3学期始業式があり、子供たちが元気に登校してきました。始業式では、校長先生が「冬休み、どうしてた?」と子供たちにたずねたところ、低学年の子たちが口々に楽しかったことの報告を始めて、校長先生がたじたじになっていたのが微笑ましかったです。 また、17年前、図書委員会の企画で残した「タイムカプセル」の開封日の指定がなんと2024年1月で、始業式では校長先生が紹介だけされる予定だったのが、「ここで開けて下さい~!」という声がみんなから上がり、急きょ生徒会長とお2人で開けてみることに。頑丈に封をされた箱の中から出てきたのは… 当時のオバマ大統領が載った新聞記事や、なんと17年ゼミの自由研究?レポートなどなど。調べてみると、タイムカプセルが制作された2007年はセミが大発生した年でした。そうか、だから17年後に開封指定だったのか!というわけで、今年の夏はシカゴ周辺で17年ゼミの大発生が予想されるそうです。 その後は、各学年代表の児童・生徒が堂々と、今年の抱負を発表してくれました。 日本では新年早々心の痛む出来事が相次ぎましたが、せめて学校では、みんなが安心して笑顔でいられる...
84日間の2学期が終わり、まもなく2023年も終わりを迎えようとしています。 この2学期で、様々な活動に取り組み、一回りも二回りも成長した姿を見ることができました。 終業式の皆さんの後ろ姿は、とてもとても頼もしく見えました。 2023年、皆さんはどのような1年間でしたか? 自分が頑張ってきたこと、成長したこと、乗り越えてきたこと。きっと沢山あることでしょう。 自分自身を沢山褒めてあげてください。 そして、近くで支え励ましてくれた家族や仲間たちに、感謝の気持ちを伝えてください。  それでは、よいお年をお迎えください。始業式に元気な姿で会いましょう。
Last week, we had the second Usagi Open House of the school year. Our little bunny rabbits showed off their English skills and performed a cute song and dance. It was a welcome bit of sunshine and warmth on this chilly day.Thank you to all who attended!
クイズ大会を行いました! 〜生徒会アクティビティ〜 中学部では今年から、生徒会役員によるアクティビティを毎学期行っています。11月29日水曜日、それらの一環として、早押しクイズ大会を行いました! 1グループ3〜4人の全7グループで戦いました。(先生方にも一緒に参加していただきました!)果たしてどのチームが優勝するのか…! 下に、大会で出題されたクイズをいくつか紹介しますので、答えを考えてみてください!(答えはこの記事の一番下にあります。) Q1:問いを読む人と回答者がいて成立する、テレビ番組では競技としても楽しまれているものは何でしょう?Q2:「宇宙兄弟」ではシャロンの名言として知られる、幼い頃の主人公ムッタの原動力になった、直訳すると「一切れのケーキ」になる英語の慣用句、”It’s a piece of cake. “ の意味は何でしょう?Q3:「楽しいから始まる学び」や「身の回りのモノ・コトをクイズで理解する」をコンセプトに、クイズを題材として主にyoutubeやテレビで活動している伊沢拓司がCEOを務めている会社は何でしょう)ちなみに決勝戦の最終問題は……「都道府県で山がつくのは、山形県、山梨県、富山県、和歌山県、岡山県とどこ...
おめでとうございます! 本校のホームページが、第2回edumap学校ウェブサイト最優秀賞を受賞しました。 3年前、edumapを使用してホームページを立ち上げた杉谷先生が、授賞式に参加されました。
《交流学習》~Addams Junior High School のみなさん、ありがとうございました!~ 中学部では、英語教育と異文化理解の一環として、現地校との交流を行っています。11月13日には、Addams校で1日、楽しい時間を過ごさせていただきました。 学校内のツアーが終わった後、海外のお祭りの紹介をしていただき、それにまつわるクイズ大会をしました。優勝したチームにはキャンディーが……!? 日本の学校では、お菓子を食べることは禁止されていますが、アメリカの学校ではガムを噛むのが普通。キャンディーも JOLLY rancher などの hard candyであれば、自由に持ってきて食べてよいのだそうです。改めて、異文化のおもしろさを感じました。 その後、普段の授業を英語で受けました。驚いたことに、教えるときにホワイトボードや黒板を使っていませんでした。映画館のようなスクリーンと音響など、最新の設備が整っていました。ランチを全員で楽しく食べた後は、ウノや「おかめ」福笑い、ブラックボックスなど、さまざまなゲームをしました。とても楽しかったです!                       Addams Junior High School のみなさん、楽しい企画を考え、準備してくださり、あり...
《読書の秋》 中学部では、先月の「読書旬間」の期間中に、文化委員会主催の特別企画としてクイズ大会を行いました!文化委員のメンバーが選んだショートストーリーをみんなに事前に読んでもらい、朝読書の時間を使って、物語の内容に関わるクイズを出し、皆さんに挑戦してもらうというものです。 クイズには、引っ掛け問題や、答えをなかなか思い出せない難しい問題、文化委員のメンバーでも解けない問題も………。皆さん頭を悩ませながらも楽しんでクイズに挑戦していました。 この『秋の読書旬間』の活動を通して、中学部の皆さんがこれからもたくさんの本を読み、本に親しんでもらえるとうれしいです! 文化委員 1年 R.M.                        
4年生が交流学習でDryden Elementary Schoolに行きました。工作をしたり、学校の紹介をしてもらったり、体育や算数の勉強をしたり、一緒に遊んだりしました。 時間が経つにつれて、ペアの友だちと仲良くなり、相手の親切なところや得意なところを発見していました。 言語や文化の違いを感じつつ、お互いの良さに気づくことができました。  
 学校の向かいにあるセント・エドナ教会で地域コンサートに参加しました。教会は、厳冬期の火事の際に、避難場所としてお世話になる場所です。普段お会いすることが少ないので、地域活動にふれる時間にもなりました。今回のコンサートは、双葉フェスティバルで発表した英語の歌を披露しました。    その後、参加されていた方と話をする時間がありました。昨年も参加していた方が、覚えてくださっていて、とても嬉しく感じました。地域の方たちに、私たちの学校を知ってもらう良い機会になりました。
中学部では、Thanks Giving Day・直前ということで、家庭科の活動で「収穫感謝祭~ターキーの会~」(調理実習)を行いました。 コロナ前は例年行っていた活動でしたが、久しぶりの復活です…!! 実習は16日の6時間目からスタートしました。まず、1年生がニンジンやタケノコ、ゴボウなどを丁寧に切り、ターキーのスタッフィング「おこわ」を作りました。 調味料を入れて、炊飯器のスイッチオン!! 見てください、この美味しそうなおこわを…。1年生がしっかりと美味しく炊き上がる呪文(?)をかけたおかげでしょう。続いて、今日の1時間目は3年生にバトンタッチし… いよいよターキーの準備。下ごしらえをして、ターキーの中におこわを詰めていきます。 3年生は、マッシュポテトに使うジャガイモの皮を丁寧にむきました。 2時間目は2年生にバトンターッチ!コーンスープを作り、 クランベリージャムとグレイビーソースを作り、 マッシュポテトも作りました!盛り沢山でしたが、協力して頑張りました。 2人が「いい匂い~!」と嬉しそうに見ているのは、クランベリージャムです♪本当に美味しそう。 2年生は、食卓の準備もしてくれました。 そして…待...
Class is more fun in a costume!  The first graders learn Halloween vocabulary with a matching game.  The teachers had a great time in their costumes too! The third graders show off their colorful and creative Halloween costumes.  Can you guess who they are? What a pair!  The sixth graders show us that Halloween is a great time to dress up with a friend and have fun!  Would you like a cookie?
芸術の秋です。 小学部3・4年生は、シカゴシンフォニーオーケストラ鑑賞会に行きました。 楽器の音色を楽しみ,曲目に合わせた演出で盛り上がり,アメリカらしさを感じることができました。    
本校中学部には「部活動」がありません。 そこで…今年度の生徒会本部が「生徒主体のクラブ活動のようなものができたらいいなぁ」と考え、 「生徒会アクティビティ」に取り組むことになりました。 先週は、アクティビティの第2回目。今回は、バドミントン部に音楽部、そして料理部です。 バドミントン部では、ゲームをとことん楽しみ… 音楽部では、皆でお気に入りの歌を,大いに盛り上がりながら歌っていました。 そして、料理部では,美味しそうなパンケーキを作り、皆で「いただきまーーす!!」 各部とも、学年を超えて関わり合いながら楽しんでいました♪ 来月は、今年度の生徒会本部、最後の企画・運営のアクティビティ。 次回も充実した活動になりますように…!!
 4年生は、シカゴにあるリグレーフィールド(大リーグ、カブスの本拠地)を見学しました。球場ができた当時の様子や、アメリカと日本のつながりが分かる展示物をじっくりと見ることができました。アメリカ文化を感じることができる貴重な時間となりました。    
小学部1・2年生のスケート教室がありました。 1・2年生の中には、初めてのスケート体験だった児童もいました。 インストラクターの方の話をしっかりと聞いて、いざアイスリンクへ! おそるおそるリンクを滑る子どもたち。 滑って、転んで、みんなニコニコ笑顔のスケート教室でした。
双葉フェスティバルを終え、昨日、中学部では「実力テスト」を終えました。 久しぶりの朝運動、2チームに分かれ、大縄跳びをする生徒たち。 慣れてくると、皆見事な跳躍ぶりで、スピードも上がる上がる…!  さて、こちらは昼休みの様子。バレーボールで大笑い。 そして、バスケでいい汗をかく! 中学部のいいところは、学年分け隔てなく関わり合えるところです。大きな行事を経て、仲間との距離もグッと近くなった気がします。これも、成長の証。 今年度も、残り5か月。子どもたちは、もっともっと成長することでしょう。
 各学年が図工の時間に作った作品が展示掲示されています。どの作品にも個性があふれています。  中学部SDGs探求学習レポートは、小学生にとっても分かりやすく紹介されています。      
Thank you for coming to Futaba Festival!  We are sure you were amazed by how great they were on the stage.  Singing English songs is challenging, and they all did it!  What’s next? "Do you like Broccoli Ice Cream?" and "What Does the Fox Say?" by the 1&2 graders "Sweet Home Chicago" and "Hello Goodbye" by the 3&4 graders "Happy" and "Fu-Ta-Ba-Kai" by the 5&6 graders. One of the songs the 5&6 graders sang was an adaptation of “Y-M-C-A”, arranged by Mr. Nelson.  We hope this song can be our theme song! (Check the lyrics and sing along!) Fu-Ta-Ba-Kai(with Japanese translation).pdf    
どの学年も、子どもたちの生き生きと輝く笑顔が素晴らしかったです。 1年生:国語「くじらぐも」をアレンジして、みんなで「シカゴの空へ1・2・3」 2年生:国語「スイミー」「ミリーのすてきなぼうし」の劇と、図書館クイズ 3年生:国語「おとや」の楽しい劇と、住みやすいアーリントンハイツの情報発信 4年生:眠ってしまった先生を、起こすためにみんなでキーワードを集める学習発表 5年生:3大ヒーローが、方言クイズに答えながら日本全国のお宝さがしに、皆さんの故郷はどこですか? 6年生:「どうする頼朝」歴史劇と、ダブルダッチに跳び箱、音楽演奏  
双葉フェスティバル前日。全てのリハーサルが終了しました。 今年のスローガンは『百花繚乱~大舞台で双葉を芽吹かせ、輝く花束を作り上げよう』です。 どうしたら上手くいくのか考え続けたこの取組期間。振り返りと改善の繰り返しの毎日でした。 本番はきっと大丈夫。見せましょう『双葉会の大きな輝く花束を!』   伝統のソーラン 探求学習の劇。キャスト、スタッフ一丸となって頑張ってきました。   中学部の畑も今年は豊作でした。秋を感じますね。  
今日は、太鼓の演奏会がありました。 演者は、岐阜県出身の加藤拓三さんファミリー。現在はカリフォルニア州を拠点に、全米で演奏会を行われているそうです。2028年のLAオリンピックまでに、1000回の演奏会を達成されるのが当面の目標ということで、まだ全米行脚に出られてちょうど一年だそうですが、すでに今回が292回目ということでした。 加藤さんはもちろん、3人の息子さんもすごい迫力の演奏で、子供たちはすっかり引きこまれて思わず体を揺らしていました。あとで、「太鼓の音が心臓に刺さった!!」と言っている子もいました。途中で獅子舞の演舞もあり、短い時間でしたが、会場は大いに盛り上がりました。中学部さんは双葉フェスティバルで太鼓を演奏するので、とても参考になったのではないでしょうか。やっぱり生演奏はいいなあ、と思ったひと時でした。
 4年生は「住みよいくらしを作る~ごみしょりの仕方」の学習のひとつとして、朝10分間に、運動場に落ちているごみをひろって分別する活動をしました。「ごみひろいプロジェクト」です。    あちこちに落ちているごみを夢中になって探しました。「こんなところにもある!」と声があがりました。調べた結果は、双葉フェスティバルで発表します。
  Every year, the elementary students have an English presentation at the Festival.  This year, there will be three performances!  1st & 2nd, 3rd & 4th, and 5th & 6th.  What will the students show on the stage?  Watch this space and be amazed!   1st & 2nd Graders 3rd & 4th                                                5th & 6th
   今年もYMCAに行き、水泳を教えてもらっています。アメリカ人のコーチの方は優しく、子どもたちも楽しく練習しています。子どもたちの感想を紹介します。   「最初にラジオ体操をしました。すごく寒かったので、歯が震えました。次は深い場所でクロールをしました。最初は、できるかな〜と思っていましたが、やってみたらできました。奥に行くとすっごく深かったです!!まあまあクロールは泳げました。次にグループごと練習しました。僕が練習したプールの深さは、つま先立ちしないと立てませんでした。2回目も早くやりたいです。」  「アメリカで初めての水泳学習でした。プールはだんだん深くなっていて、最後はすごい深さだったのでびっくりしました。2つのクラスに分かれて、クロールと背泳ぎをしました。その後、水に飛び込むことをしました。水に飛び込む瞬間が私は大好きです。次にコーチが小さな輪を持ってきて、プールに投げました。水の奥深くに輪があって、最初は1つしか取れませんでした。またやる時があったら、もっと取りたいです。早く2回目のレッスンがしたいです。」       
今日、中学部では4日間にわたる定期テストが終わりました! 3校時の美術のテストが終わった後は、皆ホッとした様子でした。 さて、ランチ後の英語の時間。 今日は英語科の先生が、この絵本を使ってワークショップの授業を行いました。                  「世界がもし100人の村だったら」 この本をご存知ですか? 世界を【100人の村】に例え、性別、人種や言語など、様々な違いをもつ人々がどのぐらいいるのかを分かりやすく表現した本です。すでに20年以上前の本ではありますが、今私たちが生きているこの世界について、深く考えさせられる1冊です。 この本をもとに、 一人ずつ役割に分かれ、話す言語が同じ仲間で集まったり、 得られる食料の量をクッキーの数で表したりしました。 世界の国々の識字率【文字の読み書きや文章を理解できる能力のある人の割合】についても知りました。 私たちは、普段当たり前のように学校に登校し、仲間と共に学び、家に帰れば、おいしいご飯を食べることができます。しかし【世界】という視点から考えてみると、それは決して「当たり前ではない」のですね。   …さて、今の私たちにできることはどのよ...
小学部3年生は、社会科の販売の仕事の学習で、日系スーパーマーケットのTensuke Marketさんに見学に行きました。   昨年度から店舗見学に加え、校内書き初め展の展示など、色々と全面的にご協力をいただいているTensukeさん。今回も自由に見学・インタビューさせていただいたのに加え、ジェネラルマネージャーさんに色々と質問に答えていただきました。 さらにその後は、お楽しみの買い物体験♪ みんな10ドルとおうちの人からのおつかいメモを握りしめて、真剣にショッピングを楽しんでいました。 お忙しい中おじゃましたにもかかわらず、スタッフの皆さん、そしてお買い物中のお客様にも、本当に親切にしていただきました。従業員の方々はどの方も笑顔が素敵なのが印象に残りました。最後はおみやげ(!)までいただき、子供たちは大喜びでした。本当にありがとうございました!
9月1日、本校は45年目の創立記念日を迎えました。全校朝会では、校長先生が設立からの記録が残る学校日誌を紹介され、その後はみんなでHappy Birthdayの歌をうたいました。 保健室前には設立当初の写真が掲示され、子供たちが見入っていました。
みなさん、こんにちは!中学部文化委員会です。私たちは、2学期最初の委員会で「夏の読書キャンペーン」の結果を集計しました。下は、その記録表の一部です。 キャンペーンでは中学部の生徒全員を2つのチームに分け、読んだページ数を競いました。「たけのこの里」チームが勝つのか?それとも「すぎのこ村」か?また、学年ごとの目標ページ数を超えられた人は何人いたのでしょうか?結果が楽しみですね。読んだページの多かった人へのサプライズもお楽しみに! このキャンペーンをきっかけに皆さんがたくさんの本を読んで、読書に親しんでもらえたら嬉しいです。 文化委員(1年 RM)
夏休みといえば、自由研究や工作などの作品作りが定番です。今年も各学年の力作が並びました。 その中で小学部3年生のコーナーは、ちょっと他の学年とは雰囲気が違いました。大半の子が自分で観察したり調べたりした内容を、クロームブックでスライドにまとめていたのです。別にそれを推奨したわけではないのですが、1学期に社会科や国語でスライド作りを経験し、その方がまとめやすいと思った子が多かったようです。一方で大きな厚紙にまとめた子もいて、その作品も迫力があってすごく目立っていました。 自由研究の表現方法はそれぞれの個性が出た方が面白いのですが、イラストや写真も交えて自在にスライドを使いこなす子供たちの姿に、これも時代だなあとしみじみ感じました。
8月22日に2学期の始業式があり、気持ちも新たに学校生活がスタートしました。 〇〇式と名のつく行事では、全校児童・生徒が少しフォーマルな服装で出席するのが本校の伝統です。夏休みの間にみんな日焼けしたり少し背が伸びたりしていましたが、始業式ではしっかりと背筋を伸ばし、いい雰囲気で新学期を迎えることができました。 いつも楽しい校長先生のお話の後は、3名の児童・生徒代表が2学期の抱負を堂々と述べました。 2学期は一年で最も長く、双葉フェスティバルなどの行事も目白押しです。 新たに迎えた7名の仲間と共に、充実した日々にしていきたいと思います。  
中学部では、7月11日(火)にギター教室を行いました。 テーマ;「弦楽器に親しもう!」 講師の先生よりギターの生演奏を聴かせていただいたり、様々な種類の弦楽器を紹介していただいたり、 ギターの演奏体験をしたりと、とても充実した時間になりました。 最後は皆で「カントリーロード」(英語バージョン&日本語バージョン)を歌いました。♪ 講師の先生とご家族の皆様、本当にありがとうございました。また、来年もよろしくお願いします。
【文化委員会主催】中学部「夏の読書キャンペーン」到来! こんにちは!この夏、文化委員会より大切なお知らせがあります。なんと…… 今年度も文化委員会主催で、中学部生を対象とした「夏の読書キャンペーン」の開催が決定しました!! 今回の「夏の読書キャンペーン」は、生徒が2チームに分かれて、夏休み中に読んだ本のページ数の合計を競います(冊数を競うのではありません)。それぞれのチームの名前は、「たけのこの里」と「すぎのこ村」。読書の記録を所定のフォームに入力すると、連動するスプレッドシートに結果がリアルタイムに表示されます。(閲覧は中学部に限らせていただきます。)読んだページ数が多い上位の生徒数名には、新学期にサプライズを用意しているのでお楽しみに! 下は、昨年のスプレッドシートの一部です。 ちなみに、学年ごとに読むべきページ数が定められています。必ずこのページ数を超えましょう! ・1年生は1000ページ ・2年生は1200ページ ・3年生は899ページ  (899ページってなんやねん?と思った人は、文化委員に聞いてみてくださいね。) ページ数を見ると驚くかもしれませんが、本を開いてみたら意外にあっとい...
 課題は、『雲』です。文字全体のバランス、筆の入り方や終筆ポイントを教えてもらい、真剣に練習に取り組んでいます。  習字の学習を始めた昨年より、準備、片付けが素早く上手になりました。
皆さんこんにちは!文化委員です。 文化委員会では、6月28日の委員会の時間に、「日本の『昔遊び』を体験しよう」という目的で、福笑いをしました。福笑いの顔に選ばれたのは、なんとあの〇〇先生です!(写真参照) それにちなんで、今回は福笑いについての記事を書きます。 「福笑い」という名前の由来については諸説あり、確実な情報はありません。一般的には、主に正月に遊ぶことや、出来上がった顔を見てみんなで笑うことから、「笑う門には福来る」のことわざのように、新年の幸福を祈願して生まれたのではないかと推測されているそうです。 また、福笑いの起源も明らかになっていませんが、江戸時代後期から遊ばれ始め、明治には正月の遊びとして定着したようです。 明治以降から昭和中頃までは各家庭でさかんに遊ばれていましたが、現在はコンピューターやスマートフォンで遊ぶゲームなどの登場により、遊ばれる機会が減ったそうです。 今回の私達のように、知り合いの人の顔や、最近人気のある有名人などを使ってやってみると、より楽しめると思います。「福笑いのブーム再来」に向けて、一緒に頑張りましょう (!?) 今回の活動では、日本の伝統的な文化を知ると...
中学部1年生(理科)は「イカの解剖」を行いました。 命の大切さを感じつつ、イカの体のつくりを確認しました。 形は違っても、生きているものの体のつくりは、皆似ているということに気付いたようです。 知らないことをたくさん知り、新たな発見をした解剖授業でした。
 英語科図書館の本が日ごとに増えています。英語科授業の前に子どもたちは、好きな本を見つけて楽しんでいます。これは昼休みです。何が起きているのでしょうか!?    ずいぶん散らかっているように見えますね。実は・・・。 本を整理整頓をしてくれています。誰でしょうか? エグチ先生と、もう一人は? ボランティアの中学生です。日々忙しい中、ボランティアで活動してくれています。二人のBook Loversのおかげです。ありがとうございます。 みなさん、本を大事に読みましょう。   (お二人の読書愛とボランティア精神に感動です。)
The first graders are getting ready for their first Sports Day. They've been practicing running, dancing, and making speeches! Before the first competition, these first-grade representatives will take an oath of sportsmanship--"Work Hard, Work Together, Do Our Best!"   Good luck, everyone! (Kim Hubbard)
 バイオリン演奏家・田島奈央子さんのコンサートが行われました。  演奏曲への想いを伝えていただき、素敵な音色に聴き入り、魅了された時間でした。  子どもたちからの質問タイムでは、これまでの経験や努力などについて丁寧に答えていただきました。  生徒代表のあいさつからも、演奏に強く心打たれ感動したことが伝わってきました。  本当に素敵な演奏会でした。  
Hello everyone!文化委員会です。運動会も近づき、忙しくなってきましたね。 さて、この世界には不思議なものがたくさんあります。つい最近も、ブランコに乗っている中学2年生の姿を見ました。……不思議です。不思議といえば、ウィングディングスというフォントをご存じですか?このフォントは、キーボードの文字に絵文字が割り振られているというもの。なぜこんなフォントがあるのでしょうか?実は、その歴史はインターネットが登場する前、フォントが主に出版や印刷業界でのみ取り扱われていたときにまでさかのぼります。 現在はタイピングしたものを印刷する、という方法が採られていますが、タイピングが存在しなかった時代も存在します。 つまり、文字をタイプするのではなく、1つ1つの文字を手で並べていた時代です。 もちろん、この方法だと記事を出版・印刷するまでに多大な時間を要しました。 また、装飾文字は通常の文字とは別ものなので、さらに手間がかかります。そこで、印刷会社が印刷の簡易化を図るために作り出したのが Dingbat、いわゆる絵文字フォントです。これがウィングディングスというフォントの起源です。 みなさんもこのフォントでぜひ遊ん...
5月24日(水)、中学部では「実力テスト」に取り組みました。 1年生は中学部初めてのテストに緊張気味でしたが、朝学習の時間も、最後まで学習に取り組みました。 2年生は、2年目の落ち着きを感じました。 3年生は、高校受験を意識し、式服で挑みました。 これまでの頑張りが成果として表れますように…!! 来週から始まる運動会練習に向けて、リーダー中心に取り組んでいます。 仲間と協力しながら、皆でよいものを創り上げましょう!
 小学部たてわり集会は、1年生から6年生を7つのグループに分けて、それぞれのグループで活動します。1回目は、6年生が計画した自己紹介爆弾ゲームを行いました。初めて話をする仲間と、一緒に遊び、仲良くなることができました。シカゴ日本人学校では、たてわりでの活動がたくさんあります。
今週は、全学年で英語授業参観が行われました。ネイティブの先生方がビデオやスライド、パワーポイント資料など工夫を凝らし、とても楽しそうです。みんな張り切って学習しています。
待ちに待った中学部3年生の修学旅行 早朝オヘア空港を出発し マサチューセッツ州ボストンに到着しました。 アメリカ独立戦争とかかわりの深い、『ボストン茶会事件』を再現したショーを鑑賞。 『今夜ボストン港をティーポットに!!!!』 アメリカ独立の英雄サミュエルアダムスと 作家エドガー・ア・ランポーと ボストン名物クラムチャウダー(貝のスープ)。食べ盛りには嬉しいボリューム! ジョン・F・ケネディがプロポーズしたレストラン(左奥の窓側の席)   2日目はアメリカ始まりの地『プリマス』を目指します。    
 英語教室のあるCポッドには、英語の本がたくさんあります。早く来た子どもたちは、好きな本を読んだり、おもしろそうな本を探したりして、楽しみながら英語に親しんでいます。今年は更に本が増えました。  おうちの方も本を手に取って読んでみてください。  
1年生の子どもたちは、読み聞かせが大好き。いつも熱心に聞いてくれています。今日は、子供の日に合わせた絵本を読みました。子供たちは、英語科の先生に「今日は子どもの日だよ!」って説明していました♪
国語の授業で、図書館でお仕事をされている白上先生といっしょに学習をしました。図書館の本の並び方には、きまりがあることを教えてもらいました。次からは、読みたい本を見つけるのに役立ちそうです。      シカゴ日本人学校の壁下文庫にまつわる歴史も教えていただきました。 いっそう図書館が好きになりました。本を読むことが楽しくなる1時間でした。
鯉のぼりが大空にはためいています。ウィンディーシティといわれるシカゴらしく、今日は気持ちの良い風がふいていて、気持ちさそうです。  子どもたちが健やかに大きく成長しますように!
 運動会練習のため、3・4年生合同体育が始まりました。4年生が前に立ってラジオ体操を行い、3年生の元気な声と、緊張しながら3年生の見本となろうと、がんばる4年生の姿がありました。  しっかりと体を動かし、基礎体力をつけていきます。
 本日、理科の授業でツツジと同じタイプの花を持参しよう!という課題がありました。 各自持参したのはほとんどが離弁花の花でした。今回の正解は合弁花の花でした。 花弁が何枚あるか...が重 要でした。中にタンポポを持ってきた生徒がいました。タンポポは合弁花、正解です。 小さな花の集合体に生徒はびっくりです。わたげになる1つ1つが花1輪に当たります。ある生徒が「花束ですね」と一言。なかなか良い表現だなぁと思いました。近くにあってもなかなか気づくことのないことに改めて気づくことはとても価値があることです。大切にしたいですね。    
今日、中学部では、第1回委員会活動が行われました。 中学部には、実行・文化・生活委員会の3つの委員会があり、生徒全員が所属し、よりよい中学部を創っていくために活動しています。 1年生は、中学部での初めての委員会活動。少し緊張気味ではありましたが、上級生の取り組む姿を見て、 今後、頼もしい活動をしてくれることでしょう…!! ちなみに実行委員会では、昨年度に引き続き「あなたはどっち派!?アンケート」を行い、中学部全体の話題作りに一役買っています。 今年度、第1弾は「理科派?社会派?」がテーマ。   さあ……、これを読んでいる皆さんは、どっちがお好み!?
小・中学部合同で、1年生を迎える会が行われました。短い準備期間でしたが、中学部生徒会と小学部双葉委員会が協力し、新1年生と親睦を深める様々な出し物を準備しました。 中学部による、大迫力のソーラン演舞。 双葉委員会の学校〇×クイズでは、みんなで大盛り上がり。 新1年生も立派にあいさつ。 温かい雰囲気のいい集会でした。1年生は、早く学校になじんでね♪
係活動や当番活動は、他の国ではあまり見られない、日本の学校らしさの一つです。集団の中で、創意工夫をしたり、自分の役割や責任を自覚したり、自分たちでルールや方法を改善したりなど、自主・自律の力と協調的な課題解決の力を養います。 3年生でも、話し合いの結果、「みんなでたのしくわらえる、おわらい係」「安全・安心・楽しい元気な遊び係」「3サン新聞社」「げんきで楽しくゲームクラブ」の4つの係が始動し、さっそくゲームクラブ発案のかみなりゲームでみんなで遊びました。遊びの中で、みんなで対話しながらどんどんルールを改善していく様子を見ていて、大人も見習わなきゃ、と逆に教えられた思いの担任でした。
4年生の図工で、色の基本を学習しました。 原色を生かして、形の色のバランスを考えながら、ぬりわけていきます。  作品をよくみてみると、何かかくれている作品があります。4年生の発想力に感心します。
 5・6年生の委員会活動が始まりました。活動内容を確かめて、委員会のめあてを考えました。どの委員会も真剣に役割に取り組んでいます。今後の活動が楽しみです。  
どの授業も、みんなはり切って学習に取り組んでいます。 体育鎌苅先生です。体育館には、気持ちの良い声が響きわたって、元気に体を動かしています。 理科と家庭科は、斎藤先生です。最初の時間の理科ビンゴに大盛り上がりでした。 習字と図書は、田辺先生です。最初は、名前の練習をしました。 音楽は、永坂先生です。楽典も、永坂先生に教えてもらうと、楽しい時間になります。 図工は、パンダリアン先生です。どの学年も、大好きな授業です。  
新年度、新たな仲間を迎え、中学部は 1年生9名 2年生14名 3年生7名、計30名でのスタートとなりました! 入学式の翌日には、全学年で集まり「新年度オリエンテーション」を行い、一人一人自己紹介をしました。 せっかく出会えた仲間たちです。 この“奇跡”ともいえる出会いを大切に、このメンバーで切磋琢磨し合いながら、 素晴らしい中学校生活を送っていきましょう…!!
例年は、正面玄関前の桜はまだこの時期はつぼみが膨らみ始めているかな?くらいですが、今年は記録的な暑さで、一気に満開になりました。ちょうど今日は幼稚部さんの入園式、まさにお祝いに「花を添える」最高のシチュエーションでした。
初夏を思わせる晴天の中、小学部9名・中学部9名の計18名の新入生を迎えました。 本校は、入学式も卒業式も全学年参加でお祝いします。前日の始業式で進級したばかりの新2年生が、すっかりお兄さん・お姉さんの顔で見守っていたのが微笑ましかったです。 これで幼・小・中の全学年がそろい、本格的に新しい年度がスタートしました。明日からはさっそくランチも始まります。これからもこのホームページで学校の様子をお伝えしていきたいと思いますので、お楽しみに♪
 小学部3年生の社会科「市のうつりかわり」の学習のまとめとして、「みらいのまち」について考えました。まちがどんな風にうつりかわってきたのかを思い出したり、1年間学習した町探検や消防のことを生かしたりして、これからのまちを予想しました。 子ども達は、様々な角度から思いを巡らせ、1枚のポスターを作成しました。       子ども達が願いすてきな未来のまちが、日本にも、アメリカにも、そして世界のどこの場所でもたくさんできますように…☆
小学部3~6年生の理科の学習で、シカゴにあるField museumへ行きました。 理科担当と一緒に進化の歴史を学んだり、学年別に動物や地層、鉱石などを見に行ったりしました。 事前に学習したことをもとに、子ども達はメモを取ったり質問したりしました。 Field Museumは、五感で学べる場所が多く、どの子もさわったりにおいをかいだりして、学びを深めました。 シカゴならではの学習となりました。
  Well, it’s getting to the end of the school year. Do you know what that means? It means everyone is thinking about Spring Break. Naturally, this makes it harder for us teachers to keep our students motivated. They want to play games and not have homework. I can understand their feelings. So, I do my best to make things more fun.  One website that they particularly enjoy is called Blooket. It’s an educational website designed to provide interactive quizzes for the students that help make learning fun. Here you can see my 4th grade students playing a Blooket quiz I designed to showcase past tense irregular verbs. This is something that is usually pretty difficult for students of Japanese. In a game format, however, they master the vocabulary quite quickly.   (Mr. Nelson) 学年末に近づいていますね。それは、 春休みのことを考えている人がみんないるということです。当然、 それは私たち教師が生徒たちのモチベーションを維持するのが難し くなることを意味します。生徒たちはゲームをしたり、 宿題を...
  This week we celebrated Valentine's Day with our students.  First-graders learned the song "Skidamarink" and made cards.  We practiced giving and receiving gifts politely.  Happy Valentine's Day, everyone! (Maria March)
中学部は、キャリア教育の一環として職場見学を実施しています。 今回はOMRONのシカゴオフィスでした。 血圧計は世界トップクラスの売り上げ! 健康器具のイメージがあるOMRONですが、実は他にもいろいろな商品を開発されていることがわかりました。 表情から心情を予測するアプリケーション 安全なロボットアームによるデモンストレーション 非接触型センサーで触れなくてもエレベーターのボタンが押せるようになるかもしれませんね。 自動車の全自動運転も遠くない未来に感じます。 OMRONシカゴオフィスの皆様、ありがとうございました。
今日の6時間目は、小学部の飼育運動委員会主催の長なわ記録会でした。この日に向けて、どの学年も休み時間などに練習に励んできました。その結果、本番では最高記録が続出!どの学年もみんなで取り組んできた成果を出すことができました。 目標回数は学年ごとに話し合って決めていたので競争ではありませんが、この日の最高記録は、2分間でなんと203回!最上級生の6年生がたたき出した、圧巻の記録でした♪
5名のボランティアの皆様に、ひな祭りの飾りつけをしていただきました。 子ども達もとても喜んでいます。季節感を感じます。 ありがとうございました。
第2回 仕事の内容紹介 みなさん、こんにちは!今回は、文化委員会メンバーの仕事内容を紹介します!文化委員会には4つの係があり、全員一つずつ役割をもっています。それぞれの係についてメンバーにインタビューしました! はじめに委員長。3学期から新しく就任し、主に委員会の内容を考えたり、司会をしたりしています。Q. どんな委員会にしたいですか?A. 楽しい雰囲気にしたいです。これからがんばります! 次に副委員長。副委員長は、このブログを書いている私です。今まで、副委員長の仕事は「委員長のサポート」が中心でしたが、今年から委員長が具体的な役割をたくさん振ってくれるそうなので、頑張りたいです! そして、書記。書記には、話し合った内容を黒板に書くこと、そして、その黒板の写真を撮って委員会のクラスルームに投稿することの2つの仕事があります。書記は2人いますが、これらの仕事を順番に担当しています。 Q. 書記の仕事で難しいことはありますか?A. 数字の「0」を書くのが難しいです。チョークが「キュッ」という音を立てて引っかかるからですQ. 意気込みをお願いします!A. きれいな字を書きたいです! (下は、書記が板書をしている...
  There are many kinds of pets-- small, big, furry, scaly, quiet, noisy--all of them uniquely cute and cool! We talked about the pets we like and drew pictures of them. All pets need food and water, a comfy place to sleep, exercise, play, and friends, just like us! What pets do you like? (Kim Hubbard)
中1の理科では「堆積岩」について勉強しています。 見た目や触り心地が違いますね。 みんな真剣に観察しています! 「先生、顕微鏡を使ってもいいですか!?」と主体的に取り組む様子が素晴らしい!
ここ数日は暖かい日が続いていますが、それでも先週の雪がとけずに残っているシカゴ。その雪を使って、理科の時間に雪アートに挑戦しました。 まずは、教室で絵の具をといた色水をつくりました。どのくらいの濃さだと絵がよく見えるのか予想し、水の量を調整しました。 その後、外に出て、雪キャンバスに絵を描きます。あっという間に雪に水がしみこんでいくので、水をどのくらいのスピードでたらせば色水が足りるのか、色をまぜることはできるのか、きちんと絵をふちどるにはどうすればよいかなど、いろいろなことを考えつぶやきながら、思い思いの絵を描きました。色水が足りなくなると、空になった容器に雪を入れ、即席の色水や雪クレヨンをつくりました。 もう一度雪が降ったら、もっと工夫した雪アートに挑戦しようと、子ども達は雪を楽しみにしています。
社会科「市のうつりかわり」の学習で、昔の家の様子を調べに、RollingMeadows Historical museumへ行きました。 冷蔵庫や電子レンジなど、事前に何があるか予想しました。 Museumには、見たことのない道具や今とは全くちがう形の家電があり、たくさんの発見がありました。 予想通りの物、予想とは全然違うものがあり、子ども達は何度も驚きの声をあげていました。  
1月に行った校内書き初め展の作品を、Tensuke Marketさんに展示していただいています。 小学部1年生から中学部3年生まで、子ども達が一生懸命書いた作品です。2月13日(月)の午後まで展示していますので、ぜひ、子ども達の作品を見に、Tensuke Marketさんへ足を運んでみてください。
先週の木曜日は、小学部5・6年生のスキー教室でした。朝早く学校を出て、ウィスコンシンのスキー場に向かいました。その前後はものすごく寒かったのですが、この日だけは朝から快晴!雲一つない絶好のコンディションの中、子供たちはたっぷりとスキーを楽しみました。みんなスキーが大好きーになったことと思います♪
     One of the things I like to do in my class is pairwork exercises. I usually will have the students partner up with a different classmate every day. It’s a natural and fun way for them to get to know one another while learning.      In the beginning of the year, the goal for them was simple. They just needed to ask each other questions from their papers and read off the responses. Changing partners, adding an element of speed, and daily repetition helped them to absorb the target material.       My 5 th /6 th -graders, featured in this edition of the English Department homepage, have learned to respond to 26 unique questions. Most of the students can do all 26 without looking at native speed. It’s very impressive, and I am quite proud of them. I encourage parents,  who are also trying to learn English,  to practice speaking with their sons or daughters whenever possible. It would be a fun bonding experience for all. (Erik Nelson) Tell Me About Yourself.docx
みなさん、こんにちは! このたび、中学部文化委員会では、学校ホームページにブログを開設することになりました。 ここでは、文化委員会の活動、学校行事、日本文化、アメリカ文化について情報を発信していきます。 文化委員の有志が、不定期にブログを更新していく予定です。 ぜひ注目してください! 中学部2年文化委員会委員長 A.N
 Chicago World Language Academyと交流学習(第2回目)を行いました。今回は、相手の学校に行き、大縄と日本のお正月遊び(福笑い)をしました。到着するとすぐに大縄が始まりました。前回と比べてCWLAの4年生が上手に大縄をとんでいる姿にびっくりしていました。身ぶり手ぶりで、しっかり教えていました。    福笑いでは、顔を完成させるために、英語や日本語を使って、試行錯誤していました。いつの間にか、ペアの子と打ちとけ、いつもの教室の休み時間のようでした。  楽しい時間はあっという間です。帰り際にはお互いに、名前を呼びながら、手をふっている姿がありました。  運動やゲームを楽しみながら、新しい友だちの良さに気づくことができました。
  Our fourth graders have been working very hard this week in their usual classes, as well as in their exchange with CWLA.  The students were very outgoing and conscientious with their exchange partners.  Playing games together builds trust and cooperation and encourages direct communication.  We also play games in class to reward the students for their efforts and to improve language skills such as reading, writing, spelling and speaking. (Maria March)
 小学部4~6年生は、月に1回程度、クラブ活動を行っています。今年度は、イラストクラブ、ものづくりクラブ、ダンスクラブ、運動クラブの4つを開設し、子ども達が工夫して活動を行っています。その活動を、3年生が見学しました。どのクラブも、みんなで協力して活動する姿に、びっくり!教室に帰ってくると「来年は〇〇クラブに入りたい!」と、どの子も、クラブ活動が楽しみになったようでした。  
 4年生がアーリントンハイツ警察署(AHPD)見学に行きました。昨年は行くことができなかったので、待ちに待ったこの日でした。  到着すると早速、警察署の中を案内していただきました。  勤務前の会議室、警察車両(覆面パトカー)、様々な検査をするところ、留置所(逮捕後から検察官への引き渡しが行なわれるまでの間に留めて置く場所)など、普段は見ることができない場所をたくさん見せていただきました。  また、たくさんの質問に答えてもらい、警察の制服も着せてもらいました。なんと20パウンドもあるんだそうです。  学校のあるアーリントンハイツの安全を守る警察のありがたさと、心の広さを感じた日でした。    
  Our 1st and 2nd graders drew pictures of their houses and talked about them with the rest of the class.  Our houses are different shapes, colors, sizes, and styles. One thing that is the same all over the world is how our families make each house a home. (Kim Hubbard)
 百人一首(1から50首)記録会を行いました。記録会直前には、「なんか、緊張する!」と話していました。始まると、もくもくと問題に答えていました。やってみると「けっこうできたかも。」「急いでおしたら、おしまちがえちゃった。」「半分以上できた。」「思ったよりできたかも。」「去年よりさがってしまった。」など結果は様々なでしたが、百人一首を楽しむことができました。  真剣勝負の後には、坊主めくりというカルタを使った遊びをして休み時間に盛り上がったりしました。こちらはまだまだ楽しめそうな雰囲気です。  
中学部は、1月12日(木)~13日(金)にウィスコンシン州のAlpine Valley Resortへスキー教室に行ってきました。3年ぶりのスキー教室です。 チームに分かれ、インストラクターさんが丁寧にスキーを教えてくださいました。 エスカレーター式のリフトがあるので、スキーをするのが初めてな子も安心です。 回数を重ねていくうちに、どんどん上達していく皆。何度こけても立ち上がる強い精神力も身に付きました。 そして、宿泊学習で楽しいのは、皆での食事やレクですね。 男女、学年分け隔てなく、大いに楽しみました。 スキー教室の企画は生活委員会が進めてくれていました。生活委員会の皆さん、本当にお疲れさまでした。 最高のスキー教室でしたね!レベルアップした中学部で、これからも頑張っていきましょう!!
      Have you ever had someone ask you: “What’s your New Year’s resolution?” If you have, it’s because this is a very popular tradition here in America and many parts of the world. Every year, in fact, millions of people across our nation, set these goals or resolutions for themselves in hopes the “New Year” will be a better one. You might promise or resolve to exercise more, eat healthier, lose weight, read or travel more, spend less money, or simply live life to the fullest. Some people, of course, will choose not to do anything. Me? I say, where’s the fun in that? We should all strive or work hard to be better versions of ourselves. So, I ask you:  “What’s your new resolution?”   Happy New Year!    Mr. Nelson   Employees of Chicago Futabakai Japanese School’s New Year’s Resolutions: Mr. Nelson: to focus more on the positive in people and situations Ms. Patton:  to learn more Japanese Ms. Eguchi: to listen to Mr. Nelson’s audiobook Ms. March: to try new things Mr. Kanazawa: to go...
 保護者の方の出前授業、「命の授業」を行いました。体やプリベートゾーンの話を、命の始まりに繋げて、自己肯定感が高まるようにお話ししていただきました。自分や他者の命の大切さを感じました。低学年からこのような授業を受けることの大切さを改めて感じました。